やぎ座29度で下弦の月の今日のメッセージ

こんにちは。エルアシュールです。

今日は、下弦の月です。

おひつじ座29度の太陽とやぎ座29度の月で起こります。

各星座の領域は30度なので、29度は最後の場所

29度はあきらめ悲しみの度数とも言われます。

今いる星座から、次の星座へと出ていく場所。

つまり、今ここから抜け出していくところ。

 

明日は太陽がおうし座に進みます。

あさってには火星がふたご座へ。

水星がおひつじ座に戻ってきます。

 

この位置で下弦の月が起こる今は、次のステップに進むために何かを終わらせたり、立ち止まって考えるとき。

来週の4月26日、おうし座新月に向けて、古いものを手放し、解放するときでもあります。

 

そんな今日の星と天使のメッセージ

「プロジェクトを完成させたり、休んでください。

静けさの中で、自分の内側と深くつながり、神聖を呼び覚ましましょう。」

マジカルフェアリーオラクルカードで引いたカードをもとにリーディングしています。

 

季節は春真っ盛りなのにカードは「冬」ですが、下弦の月はやぎ座。

やぎ座の季節は12月下旬から1月で、
忍耐強い特性も冬っぽいです。

凍てつくような寒さの中で、真っ白な雪で覆われる冬は、

原点に立ち返ったり、自分の本質的なあり方や自分を見つめ直す機会を与えてくれます。

物事が止まったり、進まないときだからこそ、見えることもあります。

 

今日は、いつものペースを落としたり、孤独な時間を持ったり、立ち止まったりして、自分を見つめなおしてみる。

基本に立ち返ってみる。

 

そうすると、もう、物理的にも精神的にも、

ここから立ち去ろう。

これを手放そう。

これはしなくてはいい。

というのが見えてくるかもしれません。

 

逆に、

ここにいよう。

これをしよう。

これを選ぼう

というのも見えてくるはず。

 

そして、それは、あなたの聖なるビジョン魂の使命にも関係します。(水星はドラゴンヘッドと120度)

 

ABOUTこの記事をかいた人

スピリチュアルアストロロジャー&エンジェリックチャネラー、神秘学研究家。 日本占星学会主任講師、ACC認定エンジェリックチャネラー® 著書 エンジェルカード・レッスン (鉄人社)。 ギリシア神話守護神占い(青春出版社)。 スター・ウォーズ占い(講談社)。 奥様は魔女恋愛魔法BOOK(講談社)。 占星術、古代宇宙論、神秘学、チャクラ、意識の変容、宇宙の法則、神託、オラクルカード、易、タロットを研究中。