木星と天王星が180度の今日の星と天使のメッセージ 「優先事項を見直すときです。 注意深く選択しましょう。 過去のどんな選択が今に影響を与えていますか?それを踏まえて今、何を優先しますか?」


こんにちは。エルアシュールです。

今日は、今年最後のセッションデーでした。

今日は、天王星と木星が180度。

今年、最後のセッションを受けてくださった方はこの木星と天王星に対して、出生図の太陽が調和していました。

人生で3回チャンスがあると言われますが、この星回りは、まさしくそのうちの一回です。

で、こういうときに劇的なことが起きているかというと、霊的には、YESですが、現世的には、必ずしもそうとはかぎりません。

私もかつて、天王星と120度を経験しましたが、あとで振り返って、
「あのとき、いろいろ起きていた変化が人生の目的に近づくためのことだったのだな」
と気づきました。

ドラマチックに誰かに
「こういうことが起きた」
記憶はないのですが、正確に120度を取るまでの数年(天王星は、7年一つの星座にいて、半年は逆行するので、同じあたりを何度か行ききします)の間に、それまで、
「こういうことがしたい」
がいつの間にかそうなっていて、それが憧れから、普通の状況へとシフトしていました。

そして、それがとても貴重な時期だったことにあとで気がついたのです。

それをもっとわかっていたら、もっとこうしたのにと思ったのですが、そう度々おきる配置ではないので、「次」はなかなかこないのですよね。

天王星は変化と改革の星ですので、それが出生図の太陽と調和したとき、自分の目的意識をシフトアップさせます。

たとえば、
「今まで跳び箱7段飛べたらいいな」
から、7段は、当たり前に飛べる。
次10段飛びたいに変化してくるのです。

天王星は7年ごとに一つの星座にいるので、この調和的な配置は、人生で2、3回しか起きません。

その天王星に木星が重なると、飛躍的な変化をもたらします。
いきなり跳び箱10段飛べたみたいな感じです。

ただし、今回の木星と天王星には、土星が絡んでいるので、スピード感が抑えられ、じっくりと、時間をかけて、本物の実力をつけるような流れになっていきます。

土星があると、まぐれあたり的なことはおこりにくく実力相応か、何度かそれをテストされる感じもあります。

今、星座にもよりますが、20度近辺に星を持っている方々は、この星回りの影響を強く受けています。

特別なことが起きていなくても、繰り返し湧き上がってくる思いや直面していること、変えたいという思いは、「シフト」や「ブレークスルー」につながっています。

木星と天王星が180度(を土星が調停)の今日のメッセージはこちら。

「優先事項を見直すときです。

注意深く選択しましょう。

今、真実を知ることが力を与えます。

過去や思い出を理想化したり、悲観したりすることなく、正確に思い出すことで、
「今」
がユニークで魔法のようなものだと感じられるでしょう。

過去のどんな選択が今に影響していますか?

その上で、今、何を選択し、優先しますか?」

ガーディアンエンジェルタロットカードで引いたカードをもとにリーディングしています。

木星は逆行して、来年の3月3日にもう一度天王星と180度を作ります。

そのときは、牡羊座の火星が絡むのでもう少しダイナミックな変化と何か新しいことが勢いよくスタートするかもしれません。

今、起きている変化、ここでの見直しもその時期のための第一段階のシフトの可能性も高いです。

<セミナー、ワークショップ情報>
NEW!
2019年10月28日(月)蠍座新月
神楽坂「イッテル珈琲」にて
宇宙のリズムに乗って魂の本質を生きるための 瞑想&エネルギーワーク&お茶会

2019年11月24日(日)東京 新橋にて
金星と木星が射手座で重なる日に行う
宇宙の法則で愛と豊かさを拡大するソウルアルケミーセミナー



無料メルマガ【ハート(魂)と宇宙からのメッセージ】

読者数6400名
星の運行情報、
今、宇宙から注がれているエネルギー、
宇宙の法則や叡智を使って、
最高最善の人生を創造するヒントをお届けしています。






シェアありがとうございます。

ABOUTこの記事をかいた人

アストロチャネラー。神秘学研究家。日本占星学会主任講師、ACC認定エンジェリックチャネラー® エネルギーワーカー。 人生を生きる上で役立つツールとして、おもに意識の使い方、チャクラ、宇宙の法則、神秘学、スピリチュアル占星術、古代宇宙論、神話、神託、易等を研究中。 著書 宇宙が描いた設計図 魂のブループリント(ヒカルランド) エンジェルカード・レッスン (鉄人社)。 ギリシア神話守護神占い(青春出版社)。 スター・ウォーズ占い(講談社)。 奥様は魔女恋愛魔法BOOK(講談社)。