アストロチャネリング,  インスタグラムより,  今日の星と天使のメッセージ,  占星術

やぎ座で太陽と冥王星が合。霊的な力、加護や導きによって役割(霊的な使命)に目覚める。

こんにちは。エルアシュールです。

先月、取材を受けたanemone(アネモネ) 2018年 02 月号が昨日発売になりました。

見本誌を送っていただいたので、昨夜は読み耽ってしまいました。

いろいろなチャネラーの方々の2018年の予測や預言が載っていて面白い。

チャネリングもいろいろな存在とつながる方がいるのですね。

皆さん、いろいろな体験を通して、スピリチュアルな世界に目覚めて、

オリジナルな世界観を表現しているのが興味深いです。

そして、世間では、「怪しい」と言われがちなことばかりが、

当たり前のようにたくさん載っている!

この独特さがすごいです。

水瓶座時代に求められることです。

私は、インタビューと12星座別魂のミッションと2018年のテーマは?

を6ページにわたって、掲載していただいています。

著書

「宇宙が描いた設計図 魂のブループリント」

も写真付きでご紹介いただいています。ありがとうございます。

 

さて、本日は、太陽と冥王星かやぎ座️でぴったりと重なり、さそり座️の火星と木星と60度。

今日の星と天使のメッセージ
from Instagram
先週から続いている配置ですが、やぎ座️19度で太陽と冥王星が重なるのがカギ。

やぎ座は社会。組織。

やぎ座19度(数え度数20度)はその中の一部を担うことが強調された場所。

自分の役割を果たしながら、分離感をとりのぞき、全体的な意識の底上げに貢献するという意味があります。

サビアンシンボルは

「誰もいない教会の中から練習している聖歌のコーラスが聞こえてくる 」

です。

みんなが思い思いに歌うのではなく、

◯◯さんはソプラノ、◯◯さんはアルト、というように、

それによって美しい歌声が響き渡るという場所です。

「誰もいない」「聖歌」は、霊性にも関わることを暗示しているので、

ここで担う自分の役割とは、霊的な使命のことです。

 

なので、今日、明日は、目に見えない力、導きがたくさんあるでしょう。

超越的な意識で物事を見ることを促されることもありそうです。

冥王星は死と再生の星であり、先祖なども表すので、

御墓参りしたり、
仏壇に手を合わせたり、
チャネリングしたり、
より高い意識とつながることで、
今ここでするべきこと、
果たすことが明らかになるかもしれません。

メッセージはこちら

「ハイアーセルフの視点で物事を見てください。

あなたを取り巻く環境、
あなたの周りにあるサポートや恩寵に気づいてください。

あなたは何もかも一人でしなくていいのです。

たくさんのすべきことの中から、
あなたの役割にフォーカスし、集中してください。

もし、それがあなたがしたくないことであれば、
今それをスイッチし、違う役割へとシフトするチャンスがあることに気づいてください。」

明日は111の日ですね。

#エルアシュール #占星術 #アストロチャリングメッセージ #太陽 #冥王星


無料メルマガ【ハート(魂)と宇宙からのメッセージ】

読者数6100名
星の運行情報、
今、宇宙から注がれているエネルギー、
宇宙の法則や叡智を使って、
最高最善の人生を創造するヒントをお届けしています。


<セミナー、ワークショップ情報>
NEW【2019年8月7日(水)】
自己表現と創造のパワーが拡大する日に行う
パーソナルブランディング&キャッシュポイント構築セミナー

満席御礼【2019年5月19日(日)】
ウエサク満月&金星と天王星が牡牛座で重なる日に開催。
収入革命&宇宙から降り注ぐアバンダンスエナジーを受け取るWS

メールマガジン【宇宙とつながって夢を叶える】
毎月1回遠隔ヒーリング付き




◆twitter Follow me 気づきや更新情報などつぶやいています。
◆Facebookページ いいね!をありがとうございます!
Instagramもしています♪
Instagram

オラクルメッセージ(無料)
スピリチュアルメッセージ
引き寄せ力を高めるためのメッセージ

アストロチャネラー。神秘学研究家。日本占星学会主任講師、ACC認定エンジェリックチャネラー® エネルギーワーカー。 人生を生きる上で役立つツールとして、おもに意識の使い方、チャクラ、宇宙の法則、神秘学、スピリチュアル占星術、古代宇宙論、神話、神託、易等を研究中。 著書 宇宙が描いた設計図 魂のブループリント(ヒカルランド) エンジェルカード・レッスン (鉄人社)。 ギリシア神話守護神占い(青春出版社)。 スター・ウォーズ占い(講談社)。 奥様は魔女恋愛魔法BOOK(講談社)。