今週の運勢  2018/7/30-8/5 火星大接近。自分にかけていた制限や縛りを取り除く。

こんにちは。エルアシュールです。

水瓶座満月、皆既月食が過ぎました。

東から西という異例の進路を通った台風、
自民党の議員のLGBT(性的少数者)の週刊誌への寄稿と
それによっておきた炎上抗議デモなどが
この月食図の星回りを象徴しています。

28日の日本の月食チャートは、
天王星がもっとも影響力の強い天頂にあり、
水瓶座の火星獅子座の太陽
Tスクエアと呼ばれる緊張した角度を作っていました。

天王星自由改革を意味し、これまでの常識を打ち破る星。

水瓶座火星は、独創的かつ固定観念にとらわれない行動を意味します。

つまり、
「普通はこうするでしょ。」
というやり方をせず、
予想を超えた行動をとるのが水瓶座の火星なのです。

そう、東から西へ進む台風のように…。

 

月食チャートの火星が天王星や太陽とストレスの多い配置は、
「独創性」や「個性」、一般とは違う行動がトラブルや対立を生むことを暗示しています。

 

そして、今週、31日、火星が地球に大接近します。

さらに1日、火星天王星と正確に90度になります。

これは、先週に続き、
「異例」
「いつもと違う」
ことが起こりやすく、

また、「個性」や「一般とは異なる」ことが、世間の議論を引き起こすこともありえます。

 

これらの出来事は、人々の意識を変えます。

バトルや炎上やバッシング、トラブルなどで、注目や関心を集め、
さまざまな意見や情報が飛び交う。

そこからさらに派生して、さまざまな少数派が取り上げられたり、
じゃあ、この人たちは、どうなの?
「生産性があると言えるのか」
などと取り沙汰されたりして、
さまざまな生き方や信条、信念、そこに苦しみや葛藤があることに気づく。

そうすると、自分が経験してきたこと、
今、目の前にあることへの見方やとらえ方も変わる。

それによって、
これまで
「少数派」
「アブノーマル」
とされてきたことが、
市民権を得て、
一つの選択の形態として
社会に根付いていくような流れへと進んでいく。

牡牛座の天王星と山羊座の土星の調和はこれを暗示しています。

そして、これは、
特定の人だけに起こるわけではありません。

社会全体、個々人が、
少々乱暴なやり方や衝撃的な出来事を通じて、
これまでのリミットを壊したり
自分にかけていた制限や縛りを取り除く方向へと進んでいくのです。

そういうエネルギーが今週、宇宙から注がれます。

アストロチャネリングメッセージはこちら。

「あなたの個性や独創性は人や社会に
喜びや楽しみ、驚くようなアイデアや改革、変化を
もたらすことができます。

今週はそのことについて考えてみましょう。

それを形にするために
過去にあなたがどんなことで、
称賛されたり、
感謝されたかを思い出すことが役に立つでしょう。」