今週の運勢 2020/1/6-12 11日半影月食(蟹座満月)。山羊座天体集合。カルマな役割や目標、宿命的な仕事へと向かうために思い込みや怖れを刷新するとき。


あけましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

こんにちは。エルアシュールです。

2020年になって、最初の更新となりますが、
いきなり、今年前半を代表とするような星回りが、
今週から来週にかけて起こります。

ドラマがスタートしていきなり、
クライマックスに突入のような雰囲気ですね。

11日の蟹座満月は半影月食です。

月食は、太陽と地球と月が一直線上に並び、
月が地球の影に隠れる時に起こります。

半影月食は、地球の影の部分に月食が一部だけ隠れる現象です。

占星術で、月は無意識や感情を司る天体です。
よって、月食は、自分自身の隠された思いや
密やかな願望がわき出てきやすいときです。

今回の月食のホロスコープでは、
山羊座の木星がドラゴンテイルとぴったり重なっています。

木星は蟹座のドラゴンヘッドとは180度です。

ドラゴンポイントは魂に刻まれたカルマやリソース
時空を超えた「ご縁」に関わる場所です。

蟹座と山羊座は家庭と仕事、プライベートと社会生活が
それぞれキーワードで、

ワークライフバランスに密接に関わるところです。

つまり今回の月食は、仕事や家庭生活に関することで、
あなた自身の内側にある隠された思いや密やかな願望がわき出てきやすいのです。

今回の月食は月の支配星座である蟹座で起きるために
より強力に心を揺さぶられるでしょう。

また、家族があなたの心を映し出すような言動をしたり、
そこへと導くかもしれません。

この月食のとき、山羊座で太陽、水星、土星、冥王星の4つの星が重なっています。

10個ある天体の内、4つが360度上の非常に近い場所に集まる。

これはめったに起こらない配置です。

山羊座は役割や責任、義務、目標や社会的な地位や評判に関わる場所です。

これは、この月食のもたらす気づきや変化が

カルマな役割目標宿命的な仕事や地位へと導くものであることを示しています。

それはあなただからできること。

今回の人生で経験したさまざまな出来事だけではなく、
あなたの魂に刻まれた資質やリソースを
用いることによってできることです。

山羊座の土星と冥王星はあなたが
「したいこと」
ではなく、
「しなければならないこと」
をするよう強制します。

そして、それに集中させるために
ほかのことを停滞させる場合もあるでしょう。

この配置は強烈な野心やコミットメントと
異常なほどの集中力をもたらします。

それは、大きな目標を達成したり、
成功するために必須なものです。

追い込まれ、もう引くに引けない。

これができないと大変なことになる。

「こうなったらいいな」
ではなく、
「これをしたいとピンチに陥る」
「大変なことになる」
「責任や約束を果たせない」
そういう危機感や恐怖によって、
あなたに本気で何かをさせるのです。

土星は構造で、冥王星は破壊と再生です。

この月食は、仕事、地位、評判において
これまで築き上げたものを壊し、再建するための
気づきや機会をもたらします。

それはあなたの本当のパワー本質を反映したものにするためです。
そして、あなたが本当の力を社会の中で見せない、
発揮しないでいる理由、過去のトラウマ、怖れ、信念、思い込みを壊し、
刷新することを促すでしょう。

今週、あなたの心を揺さぶるもの、そして身近な人(とくに家族)との関係に注目しましょう。

今週のオラクルメッセージ 2020/1/6-12大きな集まり。

<セミナー、ワークショップ情報>
残席わずか2020年1月27日(月)
宇宙のリズムに乗って魂の本質を生きるための 瞑想&エネルギーワーク&お茶会



無料メルマガ【ハート(魂)と宇宙からのメッセージ】

読者数6400名
星の運行情報、
今、宇宙から注がれているエネルギー、
宇宙の法則や叡智を使って、
最高最善の人生を創造するヒントをお届けしています。






シェアありがとうございます。

ABOUTこの記事をかいた人

アストロチャネラー。神秘学研究家。日本占星学会主任講師、ACC認定エンジェリックチャネラー® エネルギーワーカー。 人生を生きる上で役立つツールとして、おもに意識の使い方、チャクラ、宇宙の法則、神秘学、スピリチュアル占星術、古代宇宙論、神話、神託、易等を研究中。 著書 宇宙が描いた設計図 魂のブループリント(ヒカルランド) エンジェルカード・レッスン (鉄人社)。 ギリシア神話守護神占い(青春出版社)。 スター・ウォーズ占い(講談社)。 奥様は魔女恋愛魔法BOOK(講談社)。