本当のあなたの個性や魅力を社会的な役割や任務へとシフトさせていく獅子座満月

こんにちは。エルアシュールです。

2020年2月9日16時32分、獅子座で満月でした。

前回の1月25日の水瓶座新月は、
太陽、月、水星がすべて水瓶座で1ハウス。

1ハウスは自分、そして、はじまりの場所。

だから、自己改革のスタートとお伝えしました。

今回の獅子座満月の主役の月も1ハウス。

これはあなた自身の改革の第一フェーズが
完了したことを示しています。

満月図の太陽は水瓶座7ハウス。

7ハウスは他者や人間関係、社会の中で人と関わる場所。

あなたが変われば、
あなたのまわりの人も変わる。

関わる人、とりまく人がこれまでと違ってきたり、
同じ人でもあっても付き合い方や接し方が
今までとは異なってくる。

意思や決意によって
自分を変えるのは
難しいことですが、
周囲の人や環境を変えると、
自然にそれができたりします。

「こうなりたい」
そういう思いがあるなら、
その人と接する時間を増やす。

行動をウオッチする。

そうやって意識し続けることで、
自然に相手の影響を受けることになるでしょう。

また、満月は別れのサインでもあります。

この満月は、これまでの関係性やパートナーシップからの
解放や独立のときであると感じたりするかもしれません。

いずれにしても、
それは、あなたを幻想の世界から解き放ち、
本当の自分との統合をはかるために起きています。

満月図の山羊座6ハウスには木星、冥王星、土星の3天体。

MCには変化の星・天王星

山羊座も6ハウスもMCもキャリア仕事、役割に関係します。
あなたの個性や才能を、資質を
社会やコミュニティの中で生かす足かせとなっている
個人的な感情、エゴによる怖れや不安を手放し、
あなたらしい仕事やキャリア、役割へと改革していく。

その必要性を感じたり、
促されたりすることもあるでしょう。

あなたが本当のあなたと深くつながって、
あなたの個性や魅力や才能を認め、尊重する。

それを社会の中で分かち合う方法を再検討する。

することとしないことを決めて、
仕分けし、整理していくときです。

オラクルメッセージはこちら。

獅子座満月のオラクルメッセージ「周囲のすべてに支えられています」

4月のワークショップ募集開始しました!