今週の運勢 2020/6/22-28 25日金星順行へ。28日火星が牡羊座へ。新たな計画へ向けて癒しと浄化と統合のとき

こんにちは。エルアシュールです。

天空でのビッグイベントが終わり、

今、多くの人が意識レベルで大きくシフトしているはずです。

その結果、これまでのことが
色あせて見えたり、
違うと感じたりするかもしれません。

今週はそんなあなたの心に合わないものを解放したり、
あなた自身のハートを癒したり、浄化するときとなります。

そして、そのあとには、

新たな計画のスタートが待ち受けています。

28日の夜、火星が12星座のトップである牡羊座に進みます。

この火星はなんと、来年の1月7日まで、半年間にわたり長期滞在します。

通常、火星が一つの星座にいるのは、約2か月です。

今回はその3倍も期間、支配星座である牡羊座に滞在するのです。

火星は牡羊座の支配星なので、牡羊座で強く働きます。

火星の行動力、瞬発力、闘争力が ここではいかんなく発揮されるのです。

この星のエネルギーは、
私たちが勇気を出して、前進することを助けてくれます。

行動はストレートになり、
勝利や望むものを獲得しようと、まっすぐに進みます。

魚座で、ふんわりとした理想を求めて、
迷いながら、
ゆるゆると動いていた火星が
牡羊座に入るとスイッチが切り替わり、
猛烈なダッシュを始めます。

「甘い期待をしたり、現実逃避するより、
やれることをちゃっちゃっとやろう。」

そんな感じです。

火星は、9月10日から逆行します。

そのあたりになると壁にぶつかったり、
後退するようなことがあるかもしれません。

でも、それも想定内におさめつつ、
やれることはやっておく。

何かを新しく始める。

0を10にするというのはエネルギーがいります。

それを助けてくれるのがこの星の力です。

一方で焦りや怒り、自己中心的な行動もしがちなときです。

周りの人と足並みをそろえなくていいこと、
自分のペースでどんどんできることを
勢いにまかせて進めていくのがベストです。

今週は前半は、情緒的かつ直感的な水の星座に5天体。

この影響で、感受性が高まり、
感情のアップダウンも激しくなりがちですが、
その気分や感情が、私たちが真に求めているものや
進むべき道を教えてくれます。

23日は、月が魚座の海王星、火星と調和します。

インスピレーションが高まり、
行動と感情が結びやすいとき。

何かにピンときたり、
啓示やサインを受け取りやすいでしょう。

また、魚座は癒しの星座です。

勇気を出して、進めない原因は
心の中にある自信のなさや怖れ、
過去の記憶だったりします。

それをヒーリングしたり、浄化するのにも適した日です。

25日、双子座で逆行していた金星が順行に戻ります。

5月半ばから、滞ったり、迷っていたパートナーシップや
人間関係、お金の問題が、動き出す気配。

偏った思考も修正され、
愛する人やモノ、価値を評価する目も正常な状態に戻ります。

興味を感じるモノや人、
面白そう、楽しそうと感じることをまっすぐに追いかけることで喜びが増えていきます。

今週のオラクルメッセージはこちら

今週のオラクルメッセージ 2020/6/22-28 スピリットとつながって夢を叶える。

<セミナー、ワークショップ情報>

【2020年10月19日(月)遠隔ヒーリングヒーリング&アクティベーション】】

金星と木星&冥王星が120度の日に行う。
宇宙からの豊かさを受け取るアバンダンス・アクティベーション&ブロック解放ワーク
【豊かさを加速する個別オラクルメッセージ付き】

個人セッション
無料メルマガ【ハート(魂)と宇宙からのメッセージ】

読者数6400名

星の運行情報、
今、宇宙から注がれているエネルギー、
宇宙の法則や叡智を使って、
最高最善の人生を創造するヒントをお届けしています。
人気のオラクルメニュー(すべて無料です)

◆twitter Follow me


気づきや更新情報などつぶやいています。

◆Facebookページ いいね!をありがとうございます!

Instagramもしています♪

 




シェアありがとうございます。

ABOUTこの記事をかいた人

アストロチャネラー。神秘学研究家。日本占星学会主任講師、ACC認定エンジェリックチャネラー® エネルギーワーカー。 人生を生きる上で役立つツールとして、おもに意識の使い方、チャクラ、宇宙の法則、神秘学、スピリチュアル占星術、古代宇宙論、神話、神託、易等を研究中。 著書 宇宙が描いた設計図 魂のブループリント(ヒカルランド) エンジェルカード・レッスン (鉄人社)。 ギリシア神話守護神占い(青春出版社)。 スター・ウォーズ占い(講談社)。 奥様は魔女恋愛魔法BOOK(講談社)。