今週の宇宙からのメッセージ 2021/6/28-7/4 自分の目標に集中する。堅実に粘り強く課題に取り組んでいくとき。

こんにちは。エルアシュール です。

 

5月、6月の月食、日食、夏至と、ここ2か月、

意識のシフトをうながす強いエネルギーが宇宙から注がれていました。

 

この影響を受けて、

2か月前とは、

あなたの興味、関心、目標が変わっているかもしれません。

 

意識を向けていることが現実を創り出すので、

あなたを取り巻く環境も行動も、

今後大きく変わっていくでしょう。

 

そして、次第に、あなたの意識にあった世界が

目の前に現れてきます。

 

変化は多くの人にとって、

ストレスや怖れを感じさせます。

「これでいいのだろうか」

と不安になったり、

フラストレーションやイライラをもたらします。

 

今週は、7月1日、獅子座の火星が水瓶座の土星と向き合い、

4日、火星と牡牛座の天王星が90度で、Tスクエアができます。

 

火星は行動の星で、その目の前に土星。

 

土星は障害や悩み、試練です。

 

目の前に壁が立ちはだかったり、

誰かに行動を制限され、

自由を奪われたり、前進を阻まれているように感じやすいときです。

 

自分らしさを認めてもらえない。

自分が変わり者で、

非常識で、

世間から受け入れられないように思え、

孤独感をおぼえやすいときでもあります。

 

結果、自分の決断や選択に自信がなくなったり、

一度決めた目標や方針を変えたくなるかもしれません。

 

 

獅子座の火星は主観的で自己欲求にもとづき、行動しますが、

水瓶座の土星は全体性を見て、それをコントロールしようとします。

 

これは、幼い子供が自由に走り回って、

道路に飛び出すような危険があるとき、

親が、

「そっちにいったら、危ない。ダメ。こっち。」

と制し、無理やり引き戻し、

「ちゃんと手をつないで歩こうね。」

「このエリアから出ないでね。」

とうながしたり、

公共の場でふざけ、大騒ぎしている子供に対して、

「静かにしなさい。」

と叱るようなイメージです。

 

今週、あなたはこの子供のような立場になるかもしれません。

また、反対に土星の側で、

誰かを引き留めたり、

管理することもあるでしょう。

 

いずれにしても、気分が悪く、

ずっと、閉じ込められ、コントロールされるのだろうかと不安になったり、

自分が本当にしたいことではないことに

時間や労力をかけているような虚しさや焦りを感じるかもしれません。

 

でも、それは一時(いっとき)のことです。

 

土星は行く手を塞ぐだけではなく、

あなたを危険な場所から遠ざけ、

方向付け、しつけてくれます。

 

あなたの内外にある本質以外のものをそぎ落とし、

未来を先読みし、

あなたを成長させ、

あなたに必要な訓練の機会を与えてくれます。

 

今週のこの星たちのエネルギーを建設的に生かすなら、

忍耐力と継続力が必要な創作活動や自己鍛錬に取り組むことです。

 

現実的なな目標を決めて、それにコツコツ取り組んでいくとき、

トラブルやアクシデントの入る余地はありません。

 

ここでの鍛錬は、あなたに力を与え、

これまでの限界を突破し、

想定外の展開によって、

あなたの人生はダイナミックに変わっていくでしょう。

 

まさしく

「産みの苦しみ」

のときであり、

試練や悩みはそのために起きています。

 

また、獅子座の火星は自己顕示欲や自己アピールに関係しますが、

今週は、他者をいたずらに刺激するような言動は避けたほうがいいときです。

 

マウンティングしたり、

あなたのすごさを認めさせるような振る舞いをしなくても

ちょっと目立ったり、優遇されたりするのを見ただけで、

嫉妬され、足を引っ張られたり、

行動を制限される可能性があります。

 

だから、控えめに謙虚にしていて、

「大変そう。」

「苦しそう。」

と同情されるくらいでいいのです。

そして、これもことさらにアピールしないほうがいいです。

 

慎重に堅実に、リスクを取らず、控えめにして、

あなたの目標に集中する。

 

そうして、あなた自身と深くつながり、

本質的な力を強化していくときです。

 

今週のオラクルメッセージはこちら

今週のオラクルメッセージ「仕事の転機。」