今週の宇宙からのメッセージ 2021/10/11-17  13日上弦の月、15日太陽木星トライン。強い欲求に気づき、人生を改善するチャンスが訪れるとき。

こんにちは。エルアシュールです。

先週、6日に天秤座で新月が起こり、外部との交流が活発になってきています。

7日に冥王星が、11日には土星が順行に戻り、

あなたの内側で起きた変容や、

ここ数か月、見直してきた責任、役割や仕事についての在り方を

外の世界に出していくような流れになってきています。

 

今週は13日、山羊座で上弦の月が起こります。

上弦の月は、新月からスタートした計画や意図が形を帯びてくるときであり、

方向性を確認し、ズレているところを軌道修正するタイミングでもあります。

 

上弦の月は山羊座で冥王星と重なり、

太陽は天秤座で火星と重なっています。

 

この星回りは、あなたの強い欲求を明確にします。

 

あなたが心の底から望んでいること、

達成したいこと、

欲しいものを教えてくれるでしょう。

 

それは、怒りや嫉妬心、感情的な爆発によって、明らかになるかもしれません。

 

「これが欲しい。こうしたい。」

というより、

「独りぼっちは嫌だ。

じゃあ、どうすればいい?

一緒に生きるパートナーを見つけるしかない。」

 

「誰かの支えがないと生きていけないのは情けない。

絶対に経済的に自立してやる!」

みたいな感じです。

 

ここで湧き上がる思いはあなたの潜在的な目標を伝えているので、

それを認識し、それに向かってアクションを起こすことは、

あなたを満たすことになるでしょう。」

 

ただし、その目標に対して、

「とにかく、一刻も早く、そうならなければ。」

と焦り、衝動的に行動することは、現状の崩壊や波乱を引き起こす可能性もあります。

 

14日、明け方、月は水瓶座に進み、

15日、太陽は月と木星と120度を作ります。

この配置は太陽の目的意識に対して、

前向きな希望やアイデアを与えると同時に

改革のチャンスをもたらします。

 

周りの人や仲間からサポートされていると感じたり、

誰かがあなたの悩みに、

「こうすればいいんじゃない。」

と新しい視点をくれたりすることもあるでしょう。

 

だから、焦らず、楽観的でいましょう。

 

「信じる気持ちを持つこと」(自分自身、希望がかなえられること、信仰等)、

マイルールを明確にすることによって、

成長と発展の機会を引き寄せることができるでしょう。

 

今週のオラクルメッセージはこちら

今週のオラクルメッセージ 2021/10/11-17  「心で受け取るメッセージを信じてください。」


コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください