今週の宇宙からのメッセージ 2021/11/29-12/5 4日射手座新月(皆既日食)自分の限界を広げる旅の始まり。

こんにちは。エルアシュールです。

今週は4日、射手座新月で皆既日食となります。

日本からは見ることができませんが、
これから半年にわたって、取り組む重要なテーマがスタートするときです。

射手座は木星が支配星で、
物事を拡大したり、発展させることに関わる星座。

今回の日食は太陽、月、水星が重なっています。

だから、この日食からスタートするテーマは、
あなた自身、あなたの心、あなたの知識や知恵を広げ、
これまでの限界や制限を突破することに関わります。

もっと、あなた自身、世界、周りの人、人生を信じ、オープンマインドで自由に生きる。

人生や理想を描き直し、
そこへ到達するための信念や信条、マイルールや哲学を作り直すときなのです。

射手座は法則や法律にも関わります。

スピリチュアルには、

「宇宙の法則」
「引き寄せの法則」

と呼ばれるものがあります。

「同じ波動のものが引き合う」
「意識を向けたものが現実として現れる」
というシンプルなルールで、

喜びは喜びを引き寄せる。
怒りは怒りを呼ぶ。

いつもあることに焦点を当てていれば、それが目の前に現れてくる。

「どうして〇〇なんだろう?」
「どうすればいいんだろう?」
と宇宙に問いかけていれば、
そのこたえが自ずとやってくる

といったものです。

これらは最初は、概念や知識でしかありません。

しかし、行動を通して、

「確かにそうだ」
「あまり当てはまらないなあ」
といった信念が作られていきます。

そして、それが自分の中の哲学やルールを決めていきます。

射手座の日食からスタートするプロジェクトは、そういう自分の哲学や信念、信じる気持ちを再構築する機会を与えます。

これかは行動が不可欠なので、

星たちは私たちが新しい挑戦や冒険をするように促します。

日食図の太陽、月、水星は天王星と150度で、6ハウス。

さらに天王星は土星とスクエア。

これらを考慮すると、
仕事や経済上での驚くような出来事、
不安や怖れ、
病気など
に直面することが、
新しい旅の始まりになるかもしれません。

土星と天王星は2021年3回起きる配置で、

「時代変革」「世代交代」とそれに関わる苦悩や軋轢を意味します。

古い社会・秩序と新しい時代の意識がぶつかり合い、
社会的な問題、不況や戦争などがが起こりやすい配置です。

いずれにしても、この皆既日食は今いる場所から、
新しい世界へとシフトすることをうながします。

希望や理想、目的を明確にして、そこに向かって進むことで、
限界を突破し、進化していく。

まっすぐに、でも、フレキシブルに、風を読みながら、変化する世の中を進んでいく。

また、今週は、蠍座の火星と山羊座の金星&冥王星、魚座の海王星で小三角ができます。

この星回りは、あなたにとって重要なモノ、価値あるモノが何かを教えてくれます。

あなたが強く求めるもの、パートナーや富、キャリアなどを手に入れる方法を
直感的に知ることができるかもしれません。

なんとなくしたこと、
ピンと来て動いたこと、
愛や奉仕精神によってとった行動が
導きやサポートになるときです。

今週のオラクルメッセージはこちら

今週のオラクルメッセージ 2021/11/29-12/5 「外側のガラクタ、執着心、自分の限界を決めたりする内側のガラクタを手放して、自分を信じ、自分の真実を生きましょう。」